↓ ↓ ↓

ソチオリンピックフィギュアスケート男子

金メダル羽生結弦(はにゅうゆずる)19歳

ショートプログラム使用曲ゲイリー・ムーア「パリの散歩道」


見ましたか????みなさん!!!

日本中が羽生くんの応援で寝不足になったんじゃないでしょうか?!

男子のフィギュアといえば、羽生も憧れている2006年トリノ五輪金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)や、世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)がいるなかでの、堂々のオリンピック史上初の男子フィギュアでの100点台をみごとに決めて、一躍、世界中の注目の的となった19歳の天才、羽生結弦(はにゅうゆずる)が、そのショートプログラムで使用した曲が、今、最高に熱いんです

ゲイリー・ムーアの代表曲「パリの散歩道」

ゲイリー・ムーアは、「ロック界の人間国宝」とおしまれつつも、2011年に死去
彼の代表作として有名なこの曲は、哀愁を帯びたエレキの響きで胸を打たれた人も多かったとおもう。
1978年のアルバム「バック・オン・ザ・ストリーツ」に収録されているよ♪


↓ ↓ ↓



くまのプーさんが好きという羽生くん。この中性的で、女性のような柔らかくしなやかな動きの中に男性の力強さや熱い魂を感じることのできる演技
いままで日本男子フィギュアを引っ張ってきた高橋選手も彼へバトンタッチすると笑顔で現役を引退し、羽生の憧れロシアのプルシェンコも、「彼にとって自分は憧れの存在だったかもしれないけど、今は羽生が僕の憧れの人だ」と羽生の才能に惚れ込み、引退後、羽生のコーチになる?!なんて話もでているくらい羽生への今後の期待が大きい

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »