↑ ↑ ↑



両耳に障害があるにも関わらず、作曲家として数々の名曲を作りあげてきた天才作曲家
「佐村河内守(さむらごうち・まもる)」さんが、実は耳も聞こえていたし、更には、作曲も、全くの別人がしていたことが判明し、今話題をあつめてますよね
(どこかのサイトで、“ベートー”とかアダ名つけられてて笑えたwww)


そのベートーこと、佐村河内守(さむらごうち・まもる)さんのゴーストライターの方が作った
「ヴァイオリンのためのソナチネ」
を、ソチオリピックで、フィギュアスケートの高橋大輔がショートプログラムで使用するからさらに話題は大きくなり波紋をよんでいる・・・

高橋大輔さんは、「まさかこのタイミングで…。正直びっくりした」と苦笑・・・
確かに、オリンピック開幕直前ってどちらにせよ、高橋大輔選手には、余分なことは気せず、いつもの高橋選手の素晴らしさを全て出しきって欲しいですね


↑ ↑ ↑



ベートー佐村河内守(さむらごうち・まもる)さんの代表曲とされていた曲は♪
「交響曲第1番 HIROSHIMA」
でもね、本当に作曲したのはね・・・

この人↓ ↓ ↓

新垣隆さん

| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »